スキーツアーを快適にする便利アイテムとは

夜行バスなら欠かせない便利アイテム

スキーツアーで夜行バスを利用する場合には快眠グッズを持っていくことが欠かせません。行きのバスではゆっくりと眠って翌日のスキーのために英気を養い、帰りは疲れた身体をできるだけ休ませられるようにするのが大切です。毛布は提供してもらえるバスが多いですが、それ以外については自前で準備しなければなりません。クッションを準備して眠りやすくしたり、アイマスクや耳栓、マスクなどを用意して周りの物音を遮断できるようにしておくのが効果的です。また、スリッパを準備しておくと靴を脱ぎやすくなります。どうしても眠れないという人は暇を潰せるようにスマートフォンと充電器を準備しておくのが賢明であり、大抵のバスでは充電しながら利用することが可能です。

昼行バスのときに大切なアイテム

昼行バスの場合にはまだ明るい時間帯にバスに乗るので快眠グッズは特に必要ありません。長時間の乗車をできるだけ楽にするのが大切なのでクッションを用意しておくのは賢いと言えます。それ以外のアイテムとしてバス内を楽しく過ごせるようにしつつ、周囲の人たちに迷惑をかけないようにするのが重要です。スマートフォンや本などを用意して暇を潰せるようにするのも良いですが、景色が良い場所を走行することが多いのでカメラの準備もしておくのが良いでしょう。また、昼行バスの場合には毛布の貸し出しがない場合があります。空調の効き方によって寒かったり暑かったりするので脱ぎ着のしやすい服を用意しておき、上着も一枚余計に用意しておくのが大切です。